コレクション: 石地みかんの特徴や味は?産地や旬な時期カレンダー付きで紹介!


石地みかんの旬な時期や食べ頃は?

時期 9月 10月 11月 12月  1月
      石地みかん  

 


収穫〜配送時期まとめ

石地みかんのお取り寄せ時期:   11月中旬頃〜12月中旬頃

 トドクヨで取り扱いの石地みかんの旬な時期は11月中旬頃からです。

多少年によって前後はありますが、石地みかんを食べたいという方はこの頃が旬で食べ頃な時期です。

 

石地みかん(いしじみかん)の味の特徴は?

※お写真準備中

石地みかんの味の特徴
甘味 5 ★★★★★
酸味 1
果汁 4 ★★★
香り 3
粒感 3
皮の剥きやすさ 5 ★★★★★

 

石地みかんの特徴まとめ

 

  1. 温州みかんの中では糖度が高め
  2. 上品でコクのある味
  3. 色はオレンジ色に近い
  4. 手で皮が剥けて食べやすい
  5. 温州みかんなので種がない
糖度 12〜14度程度
1玉あたりの重さ

100g程度(Sサイズ)

110〜130g程度(Mサイズ)

130〜150g程度(Lサイズ)

1kgあたりの玉数

9〜11玉程度(Sサイズ)

7〜9玉程度(Mサイズ)

6〜8玉程度(Lサイズ)

なし
皮の剥きやすさ 手で簡単に剥けます

 

トドクヨ取り扱い石地みかんの値段相場

 重量(kg) 玉数の目安 価格帯の目安 どんな人におすすめか
2kg 14〜18玉 3800〜円  お試し・少量の消費の方
5kg 40〜55玉 6800〜円  

お得にご購入されたい方

10kg 80〜100玉 12500〜円   更に沢山食べたい方やご自身で料理などもされたい方。 

 

※値段や価格帯・玉数はその年の天候や収穫状況により変動することがあります。 


石地みかんの読み方は?

石地(いしじ)みかんと読みます。

広島県で最初に発見された品種で、糖度が高く、希少な品種です。広島県を代表する中生(なかて)みかんです。

中生(なかて)とは、早生(わせ)の次に収穫される品種のことを指します。

※他にも最も早い時間に収穫される、極早生(ごくわせ)、早生の後に収穫される中生(なかて)、晩生(おくて、ばんせい) があります。

 

石地みかんの特徴として、一般的な温州みかんより綺麗な丸みを感じる物多いです。

色も深みが増してきて、オレンジ色に近づきます。


石地みかんは簡単に食べられる?食べ方は?

※お写真準備中

石地みかんの外皮は薄いため、手でかんたんに剥けます。

内側の皮(じょうのう)も薄いのでやわらかく食べやすいです。

また、温州みかんなので種はありません。お子様でもご高齢の方でも、安心して食べられますね!

石地みかんの保存方法

この時期は寒くなってくる時期なので、基本ダンボールから出して風通しのいいところに置いておけば問題はありません。

逆に寒い地域などは、凍ってしまう事は避けた方がいいため、その場合は野菜室などで保存しましょう。

 

石地みかんの主な産地は?

広島県、愛媛県が主な産地となっています。

トドクヨでお取り扱いしている石地みかんは広島県産です。

 

石地みかんのお取り寄せ通販・産地直送の商品一覧