コレクション: 河内晩柑の通販・お取り寄せ・産地直送販売

トドクヨでも取り扱いのある河内晩柑(かわちばんかん)

春から夏にかけて収穫できる柑橘です。

見た目や大きさはグレープフルーツに似ていますが、グレープフルーツのような苦味は少なく、さっぱりとした甘みのある品種です。

河内晩柑の通販商品はこちら

河内晩柑の味の特徴は?

河内晩柑の特徴

糖度 11度前後
1玉あたりの重さ 250g~450g
1kgあたりの玉数 2玉~4玉
種あり
品種の掛け合わせ 偶発実生
皮の剥きやすさ  手で剥くことも可能。剥きにくい場合は果物ナイフで切れ込みを入れると剥きやすくなります

河内晩柑の味のイメージ

甘味 3 ★★★
酸味 3 ★★★
果汁 5 ★★★★★
香り 4 ★★★★
粒感 2  ★★

河内晩柑の特徴まとめ

  1. 収穫時期が長いので、長い間市場に出回ります
  2. 4月~6月頃が旬な柑橘系です
  3. 味は、さっぱりとした甘味のある味わい
  4. 香りもよく、果汁たっぷり

トドクヨ取り扱い河内晩柑の相場相場

重量(kg) 玉数の目安 価格帯の目安 どんな人にオススメか
2kg 8玉~12玉 3,400円 ご夫婦など少人数のご家族でお召し上がりになりたい方にオススメ
4kg 16玉~24玉 4,650円 4~5人程度のご家族でお召し上がりになりたい方にオススメ
9kg  36玉~54玉 8,430円 4~5人程度のご家族でお召し上がりになりたい方、たくさん料理される方、たくさんお召し上がりたい方

※値段や価格帯・玉数はその年の天候や収穫状況により変動することがあります。

河内晩柑の旬は?

5月 6月 7月

河内晩柑

 収穫~配送時期のまとめ

河内晩柑の収穫時期:5月頃から。遅いものは7月頃まで収穫できます

河内晩柑のお取り寄せ時期:5月~6月頃

河内晩柑の旬は、5月~6月頃まで。

収穫期間や旬が長いので、時期によって味が異なり違いを楽しめます。

下記のLINEに登録して頂けましたら旬な時期にトドクヨよりご案内をお届けしております。

友だち追加 

河内晩柑の主な生産地

河内晩柑は寒さに弱く、栽培に適してる地域が限定されています。

現在は、愛媛県の愛南や熊本県の天草など限られた地域でのみ栽培です。

中でも愛南町は全国生産量の約半分を生産しています。

河内晩柑とグレープフルーツの違いは?

  河内晩柑 グレープフルーツ
 
サイズ 250g~450g 300g~500g
  • 手で剥くことも可能。剥きにくい場合は果物ナイフで切れ込みを入れると剥きやすくなります
  • 内袋は剥いて、果実だけ食べてください
  • 皮が厚く硬いので、果物ナイフを使用してください
  • 内袋は剥いて、果実だけ食べてください
種あり 種あり
苦味は少なく、さっぱりとした甘みのある味わい 甘味に独特の苦味を含んでいるのが特徴

 河内晩柑は、見た目から「和製グレープフルーツ」とも呼ばれています。

見た目や大きさはグレープフルーツにそっくりなのですが、皮は柔らかく手で剥くことができ、味も異なりグレープフルーツより苦味は少なくさっぱりとした甘味がある品種です。

美味しい河内晩柑の食べごろと保存方法

下記の内容を知っていれば、河内晩柑を美味しい食べれ、また美味しく食べれる状態が保てます。

美味しい河内晩柑を食べるコツ
  1. 3月頃から市場に出始めて、8月頃まで出荷されます
  2. 食べ頃は、4月頃~6月頃まで
  3. 収穫時期で味わいが変わるのでチェックしておくと好みの河内晩柑に出会えます
  4. 産地直送の場合、注文から1週間など少し時間もかかるので3月頃〜8月中の注文をおススメします!

河内晩柑は、他の柑橘より収穫時期も食べ頃も長いです。

また、時期によって味が変わるので1年でいろんな味わいを楽しむことができる品種です。

河内晩柑の保存方法

室内の風通しのよい冷暗所で数日は大丈夫です。

剥き出しで置いておくと水分がどんどん失われていくので、なるべくラップや袋、新聞などで包んで冷蔵庫の野菜庫に入れる事をおススメします。

美味しい河内晩柑の選び方

皮に張りがありキレイで、ツヤがあるものをおススメします。

また、手に取ってみてずっしりと重みがあるは、水分を多く含んでいるのでおススメです。また、ヘタが取れていたり茶色くなっていたりするものは避けるようにしてください。

河内晩柑をおススメできる人

河内晩柑がおススメな人
  1.  さっぱりとした味わいの柑橘が好きな方
  2. 果汁たっぷりな柑橘が好きな方
  3. いろんな味の違いを楽しみたい方
  4. 種ありでも大丈夫な方

 河内晩柑の選び方

河内晩柑は収穫時期によって味わいが変わるので、用途や好みによって選ぶ方法もおススメです。

5月~6月上旬 果肉がやわらかく、果汁がたっぷり。
糖度と酸味も強く、濃い味が楽しめます。
6月中旬~7月中旬 夏に向かって徐々に糖度も酸味・果汁も減少していきますが、食味が変わっておいしく感じられるようになります。
果肉の柔らかさ・果汁ともにバランスのとれた時季です。
7月中旬~8月  実が引き締まり、暑い夏にぴったりのあっさりとした味。
後味のすっきりとした甘みで、実のプチプチとした食感もお楽しみいただけます。

 また、「美生柑」「愛南ゴールド」「宇和ゴールド」「ハーブ柑」「天草晩柑」「ジューシーフルーツ」「ジューシーオレンジ」「灘オレンジ」「夏文旦」などの名称でも販売されているので是非参考にしてみてください!

 河内晩柑の効能は?

河内晩柑には、体内の酸性物質の減少や疲労回復、浄血に有効なクエン酸が含まれています。

また、皮と実の間にある白い部分(アルベド)。

このアルベドには、ビタミンPというポリフェノールの一種が含まれていて「毛細血管の強化」「血中コレステロール値の改善効果」「血流改善効果」「抗アレルギー作用(花粉症対策)」「発ガン抑制作用」の効果があるそうです。

他にも、食物繊維がたっぷり入っているなど嬉しい効果がたくさんあります!

河内晩柑のお取り寄せ通販の商品一覧

下記の商品一覧からも注文可能ですし、ご希望の内容があればLINEからもお問い合わせが可能です。

 

友だち追加