コレクション: 紅八朔の通販・お取り寄せ・産地直送販売

紅八朔(べにはっさく)の旬な時期や食べ頃は?

 

時期 1月 2月 3月 4月 5月
    紅八朔  
 
収穫〜配送時期まとめ

紅八朔のお取り寄せ時期: 2月上旬頃〜4月上旬頃

 トドクヨで取り扱いの紅八朔の旬な時期は2月中旬頃からです。

多少年によって前後はありますが、紅八朔を食べたいという方はこの頃が旬で食べ頃な時期です。

 

紅八朔(べにはっさく)の味の特徴は?

※お写真準備中

紅八朔の味の特徴
甘味 4 ★★★★
酸味 3 ★★★
果汁 3 ★★
香り 4 ★★
粒感 4 ★★
皮の剥きやすさ 2 ★★

 

紅八朔の特徴まとめ

 

  1. 普通の八朔より糖度が高め
  2. 独特のほろ苦さと酸味があり、爽やかさを感じる
  3. 果肉は粒立ちが良く、食べごたえあり
  4. 表皮は赤みがかったオレンジ色
  5. 外皮はやや厚め
糖度 11〜13度程度
1玉あたりの重さ

150〜200g程度(Sサイズ)

200g〜300g程度(Mサイズ)

1kgあたりの玉数

4〜5玉程度(Sサイズ)

3〜4玉程度(Mサイズ)

あり
皮の剥きやすさ ナイフ等で切り込みを入れる必要あり

 

トドクヨ取り扱い紅八朔(べにはっさく)の値段相場

 重量(kg) 玉数の目安 価格帯の目安 どんな人におすすめか
1.8kg 8〜9玉 2990〜円  お試し・少量の消費の方
4kg 17〜20玉 4500〜円  

お得にご購入されたい方

8kg 30〜40玉 6990〜円   更に沢山食べたい方やご自身で料理などもされたい方。 

 

※値段や価格帯・玉数はその年の天候や収穫状況により変動することがあります。 


紅八朔(べにはっさく)と普通の八朔の違いは?

普通の八朔に比べて糖度が高く果汁が多いです。外皮も紅みがかっています。

また、普通の八朔の収穫時期は12月頃となりますが、紅八朔は2月頃に収穫が始まり、4月頃まで出荷されるので旬が長いと言えるでしょう。


紅八朔(べにはっさく)は簡単に食べられる?食べ方は?

※お写真準備中

紅八朔の外皮はやや厚いため、ナイフ等で切り込みを入れてから手で剥きます。

内側の皮(じょうのう)は手で剥きやすいです。

果肉の粒立ちが良く、シャキシャキしており食べごたえがあります。

八朔の独特のほろ苦さに加え、紅八朔はより糖度が高いので濃厚な味わいをお楽しみいただけます。

そのまま食べるのはもちろん、紅八朔独特のほろ苦さと酸味を生かして、サラダに入れたり、スイーツにするのもおすすめです! 

 

紅八朔(べにはっさく)の保存方法

ダンボールから出して風通しのいいところに置きます。

逆に寒い地域などは、凍ってしまう事は避けた方がいいため、その場合は野菜室などで保存しましょう。

 

紅八朔(べにはっさく)の主な産地は?

広島県、和歌山県が主な産地となっています。

トドクヨでお取り扱いしている紅八朔は広島県産です。

 

紅八朔(べにはっさく)のお取り寄せ通販・産地直送の商品一覧