いよかんと不知火(デコポン)の違いは?旬な時期はそれぞれ違う?

いよかんと不知火(デコポン)の違いを表にまとめました

  いよかん 不知火(デコポン)
   
 
旬な時期 1月~3月 2月中旬~4月上旬
甘味・味の特徴 甘味と酸味が両方強い
糖度と酸度のバランスも丁度いい。
色・味・香りの三拍子がそろった柑橘類
高い糖度に適度な酸味が
あわさった濃厚な味わい。
果肉感や爽やかな香りが印象的です。
サイズ・重さ 1玉あたり220g~280g 1玉あたり200g~280g
それなり厚いが手で剥ける
内袋も剥いて果実だけお食べください
ヘタの周りの「デコ」部分から
剥けば手で剥ける。
外皮を剥けばそのまま食べれます
種あり 基本入っていないが
稀に入ることもある
購入リンク 購入 購入

※デコポンはJAの商標です。トドクヨでは不知火としてお取り扱いがあります。

こちらのLINEにご登録頂ければ、旬の時期にご案内ができますよ!

是非、LINEに登録して旬を見逃さないでくださいね。

友だち追加 

 

 いよかんと不知火(デコポン)の旬な時期

いよかんの旬は1月上旬から2月終わりくらい(多めに見て3月まで)が一番新鮮で美味しいのに対して、不知火(デコポン)は2月中旬から4月上旬が旬な時期となります。

いよかんは、不知火(デコポン)よりも1ヶ月強早めに市場に出回ります。

いよかんと不知火(デコポン)の甘さと味の違い

  • 糖度

いよかんは、糖度が11度~13度で甘味と酸味両方強いのが特徴に対し、不知火(デコポン)の糖度は、13度以上で高い糖度に適度な酸味があわさった濃厚な味わいのある柑橘類です。

  • 味の違い

いよかんは果肉がジューシーで柔らかく、甘味酸味のバランスが良い柑橘類です。不知火(デコポン)は、酸度も少なく濃厚な甘味があり、果汁たっぷりでジューシーなのが特徴です。

 いよかんと不知火(デコポン)の時期の違い

いよかん:1月~3月

  • いよかんは2月頃までが果汁が多くジューシーです。
  • 3月には「弥生紅」という3月まで熟性させた品種が出回る

不知火(デコポン):2月中旬~4月上旬

  • 収穫してから1ヶ月ほど期間を開け、酸味を抜くための「追熟」をした不知火(デコポン)は糖度と酸味のバランスのいいモノになってるので3月~4月が最も美味しく食べ頃なのでオススメです。

いよかんと不知火(デコポン)の大きさやサイズの違い

  • いよかん:1玉あたり220g~280g・直径約8cm~10cm
  • 不知火(デコポン):1玉あたり200g~280g・直径約8cm~10cm

いよかんと不知火(デコポン)は、ほぼ同じサイズです。

いよかんと不知火(デコポン)の見た目の違い見分け方は?

いよかんと不知火の見分け方を表にしました。

  いよかん 不知火(デコポン)
大きさ・見た目
  • 大きさはほぼ同じ
  • ヘタの周りが出っ張っていない
  • 大きさはほぼ同じ
  • ヘタの周りが出っ張っている
鮮やかなオレンジ色 濃い橙色
色・味・香りの三拍子がそろった柑橘類 酸度も少なく濃厚な甘味のある柑橘類

トドクヨ取り扱いのいよかんと不知火(デコポン)の相場の違い

  いよかん 不知火(デコポン)
量(kg) 玉数の目安 価格の目安 玉数の目安 価格の目安
1個 1個 160円~350円 1個 190円~550円
2kg

8玉~10玉

2,000円~2,800円

6玉~10玉

3,300円~3,350円
4kg

16玉~20玉

3,000円~3,900円

15玉~25玉

5,450円~5,600円
9kg

36玉~45玉

4,900円~5,900円 30玉~50玉 9,100円~9,600円

※値段や価格帯・玉数はその年の天候や収穫状況により変動することがあります。

不知火(デコポン)に比べると、いよかんの方が少しだけですが価格が安いです!

 

 

こちらのLINEにご登録頂ければ、旬の時期にご案内ができますよ!

是非、LINEに登録して旬を見逃さないでくださいね。

友だち追加 

 

ブログに戻る