東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 東さん(80歳)が作る中島の伊予柑
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 東さん(80歳)が作る中島の伊予柑

東さん(80歳)が作る中島の伊予柑

通常価格
¥5,220
販売価格
¥5,220
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
送料無料(一部地域を除く)

お好きなサイズを下記から選んで下さい。

 

お支払方法

クレジットカード決済

後払い決済(コンビニ、銀行、郵便、LINEpay)

お届け方法

産地直送の配送になります。

受注より1週間以内に発送(ご購入から最長10日程度が目安)

送料について

送料無料になります。

(北海道・沖縄の地域に限り1200円かかります)

賞味期限/保存方法

賞味期限は 到着から2週間程度。

お届けからなるべく早めに開封し、風通しの良い冷暗所にて保存してください。

時間とともに酸味が抜けて甘みが強くなりますので、お好みの頃お召し上がりください。

注意事項

イノシシ被害などで急な在庫切れが発生する場合がありますので、予めご了承下さい。

天候等の影響でフェリーの出稿有無で配送日が遅れる場合があります。

量の目安

9kg

→4~5人程度のご家族でお召し上がりたい方やたくさん料理される方にオススメ

4kg

→4~5人程度のご家族でお召し上がりたい方にオススメ

2kg

→ご夫婦など少人数のご家族でお召し上がりたい方にオススメ 

 

東さん(80歳)が作る50年の歴史を誇る中島の伊予柑

 

今回は愛媛県の中島で伊予柑づくりを続ける東利枝(ひがしとしえ)さん(80歳)をインタビューさせて頂きました。

東さんですが、旦那さんと夫婦二人三脚で50年間も伊予柑を作り続けてこられたベテラン農家さん。

中島の伊予柑は過去に日本一の価格がついた逸品

過去に日本一の価格がついた伊予柑にはもちろん理由があります。

瀬戸内海のど真ん中に位置する中島は伊予柑づくりに絶好な環境なのです。

その理由をご紹介します。

 

3つの太陽

この恵まれた島、中嶋には伊予柑づくりに最適な3つの太陽があります。

直射日光・海からの照り返し・石垣の照り返しがあり、光合成を高まることで葉がたっぷりと栄養を作り、伊予柑の実に甘味が蓄えられます。

もちろんそれだけではありません。

 

花崗岩でできた土壌

花崗岩土壌は水はけが良く、余分な栄養を含まないため、実の成長と成熟のコントロールがしやすい特徴があります。

成熟期には適度なストレスをかける(養分や水を減らす)ことで伊予柑は美味しくなりますが、その加減が自在にできるのが花崗岩土壌の魅力なのです。

 

海から吹く穏やかな潮風

中島に吹く風は、瀬戸内の海の上を通過する過程でわずかに海水を含み、植物が必要とするカルシウムやマグネシウムなど微量のミネラルを運んでくれます。

また、冬になると風が強まり、海からの塩分で木は適度なストレスにさらされます。これによって、さらに伊予柑が美味しく仕上がることになります。

 

東さんの信念からくる農家スピリッツ

レポートさせて頂いた時に伊予柑づくりについてのお話を伺えました。

 

【東さんコメント】

(畑をやるのは)一鍬一鍬よ……大きな畑をやるのも、樹が数本しかないような小さな畑をやるのもやることは同じ。どれだけの仕事をしたか(量をこなしたか)は、振り返った結果でしかないということ。ずっと終わりのない繰り返しの作業。それが楽しい。体力がある限りやり続けたい。

 

と東さん

 

この50年も続く伊予柑は東さんの信念と長年培ってきた農家スピリッツなんです。

 

東さんが作る中島の伊予柑は絶品

まずは皮をむいて、そのままの伊予柑をお召し上がりください!

シャキシャキっとした歯ごたえに、甘酸っぱさがとっても染み渡ります!

産直だからスーパーにおいてある伊予柑では味わえない新鮮さが楽しめます♪

伊予柑をたくさん買って頂いても色々なお召し上がり方があります。

皮をむいて、ゼリーにしてみたり!

沢山あっても、スムージーにしてみたり、冷凍伊予柑にしておけば保存も効きます!

ちなみに冷凍伊予柑はサクサクっとした食感で伊予柑アイスを食べてるみたいで、とーっても美味しいんですよ♪

 

東さんが作る伊予柑が存続の危機に…

そんな東さんですが、何十年もの間続けていた伊予柑づくりを今年で最後にするかもしれない

というお話を伺いました。

その裏にはこんな会話がありました。

 

【東さん】

実は今年で伊予柑づくりを引退しようかと思っていて…

 

【トドクヨ】

伊予柑一筋でここまでやってきて、どうして引退されようと思われたのですか?

 

【東さん】

本当はね。伊予柑造りをやれる限りやりたいんだよ。でも旦那さんも体力がなくなってしまったし、選果や出荷するのが大変で…しかも私たちだけでなく他の人にも迷惑が掛かってしまうのが申し訳ないからね…

 

50年もの間中島の伊予柑を作り続けてきた農家さんからついに引退の言葉が…

本当はまだまだ体の動く限り伊予柑を作り続けたいのが本音。

でも、これが島の現実なんです。。。

 

中島の伊予柑造りへの熱い想い

【東さん】

やっぱり50年伊予柑づくりやってきたからこれが生きがいで。本当は続けたいのが本音…

 

【トドクヨ】

とはいえ、お年を召されて引退される方が多い中、伊予柑を造りたいという気力はどこから湧いてこられるのですか?

 

【東さん】

やっぱり、みんなに美味しく食べて欲しいんだよね。喜んでもらえる声が聴けるなら体力のある限り続けたいんだよ。長年の想いの詰まった伊予柑だから終わらせたくもない。

 

レポートさせて頂いた時は「みんなに美味しく食べてもらいたい。喜んでもらえる声を聴きたい。」この一心という事がわかりました。

これが50年伊予柑を造り続けてこられた方の信念なのです。

長年作られ続けてきた東さんの想いとこの伝統を止めてはいけないという使命感にもかられました。

 

追伸(東さんより)

最後に。やはり50年間作り続けてきた伊予柑づくりは私たちのやりがいでもあり、生きがいでもあります。

本当にこの島の伊予柑づくりは終わりにしたくないんです。

この伊予柑が買ってもらえる事を証明し、伊予柑を継承してくれる若い人たちが集まることを願っています。

これが私たち夫婦の想いです。

東さんの歴史、想い、信念が消費者の皆様に届く事を願っております。

 



LINE登録お願いします

LINE登録をしてメッセージを頂ければ
簡単にご注文やお問合せができます。
新着情報やお得な情報もお届け!
↓↓↓↓↓
友だち追加


いいね!もお願いします

FBからもご注文やお問合せ頂けます
↓↓↓↓↓
x