いよかんの食べ方は?皮の剥き方・切り方を動画付きで紹介!

いよかんって、皮を剥くのが大変!

という方も多いのではないですか?

そんな方のために、おすすめのカットの方法などを紹介していきます!

こちらから伊予柑も買えます!

 

 

トドクヨの下記LINEからも旬な時期をお知らせさせて頂いております。

是非こちらもご登録ください。

友だち追加

 

包丁を使ったいよかんの皮の切り方

いよかんは、手でも向けますが、皮が厚いためおすすめは包丁やナイフなどで切るのがおすすめです。

他にもムッキーちゃんという皮むき器があります。

そちらもご紹介しています。下記よりそれぞれの剥き方や方法をご紹介します。 

①ヘタの付いた頭の部分と、反対側のお尻の部分を切り落とします。

②外皮の部分に感覚を開けながら切れ目を入れます

③入れた切れ目から手で剥きましょう

このように切れ目を入れて上げる事で、力を入れなくてもかなり剥きやすくなります。

④1つ1つ房を手で取ります

⑤房の内側に切れ目を入れます

内側に切れ目を入れるとこんな感じになります↓

切り口が浅すぎると手で剥く際にうまく剥けないので、実も切れるくらいまで深めに切ると剥きやすくなります。

⑥最後に内皮を手で剥く

↓綺麗に剥けるとこのような感じになります。

分かりにくい方は、動画でも解説していますのでご覧下さい。

こちらから伊予柑も買えます!

 

 

いよかんの皮をムッキーちゃんで剥く方法

①ムッキーちゃんの爪部分を使って外皮を剥く

ムッキーちゃんの上フタの先端についたツメをいよかんの上部に刺し、そのままの状態でツメを下方向にスライドさせて外皮に切れ目を入れる。

このときに4分割くらいに切れ目を入れると剥きやすいです。

②切れ目を入れたところから指を差し込み外皮を剥く

※切れ目を入れることでかなり剥きやすくなります。

③ムッキーちゃんのカッター部分で内皮を剥く

房を剥がしたらムッキーちゃんのカッター部分を利用します。

カッターを使って内皮をスライドさせるようにして切れ目を入れます。

④最後に手で内皮を剥く

切れ目が入ったら後は手で内皮を剥きます。

切れ目が入るとか簡単に剥けますよ。

こちらから伊予柑も買えます!

 

 

いよかんの皮の剥き方(手で剥く場合)

中には包丁やナイフが手元にないケースもあると思います。

そんな時のための手で剥く方法です。

①外皮を剥きます

ヘタが付いている方とは反対側のお尻の方に親指を立て切れ目を入れます。

切れ目が入ったら外皮を削ぐように剥いていきましょう。

 

②1つ1つ房をバラします

 

③内皮を剥きます

内皮の内側から爪を立てるようにして切れ目を入れたり、噛む力がある方であれば歯で噛んで切れ目を入れるといいでしょう。

内皮は厚めなので少し剥くのが大変かもしれません。

切れ目が入ったら左右に開くように内皮を全て剥いていきましょう。

 

色々な方法でいよかんの皮の剥き方を紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

他にも楽しい剥き方や簡単な剥き方があれば教えて下さね!

こちらから伊予柑も買えます!

 

 

いよかんの美味しい食べ方

いよかんも普通に食べるだけではなく、色々な食べ方があります。

伊予柑の皮を剥いてそのまま食べる

まずはなんといってもそのまま食べるのがおすすめ。

皮を剥いてフレッシュな状態で召し上がってみてください。

甘酸っぱい美味しい伊予柑が味わえます。

いよかんはあらかじめ皮を剥いて食べやすいように

箱買いしたいよかんは、先に皮を剥いておくと食べたい時にすぐ食べられるのでおすすめです。

切った後はタッパなどに入れて冷蔵庫にいれておきましょう!

剥くのがめんどくさいという方も多いと思います。

一気にまとめて剥いておけば、食べたい時に食べられるので美味しく食べられますよ。

 

皮を使ったいよかんピール

 いよかんの皮で作ったピールもおすすめです。

チョコをつけたチョコピールも人気ですよ♪

トドクヨのいよかんは減農薬なので、皮も問題なく食べることができます。

もし農薬が気になってしまう!という方は皮ごと水洗いして頂いてから皮を使うようにしましょう。

いよかんを大量消費したい時のおすすめの食べ方

たくさん買いすぎてしまった、なかなか消化できない!

そんな場合に大量消費できるおすすめの食べ方も紹介。

冷凍いよかん(伊予柑)

冷凍いよかんは、アイスのようで美味しいですよ。

サクサクっとした食感と

なかなか食べきれない!とか大量消費にしないといけないという時に長期保存もできるのでおすすめ。

いよかんのシャーベットスムージー 

冷凍したいよかん(伊予柑)をミキサーなどにかけてシャーベットスムージーに!

100%いよかんのシャーベットジュースです。

いよかん本来の甘さも酸味もあり、美味しいですよ。

こちらから伊予柑も買えます!

 

 

伊予柑が酸っぱい!そんな時に美味しくする食べ方

伊予柑の旬な時期は1月からです。

ただ、中には1月頃にお出しする伊予柑は新鮮さが故に酸味が抜けきれず酸っぱいものも中には出てくることもあります。

そんな時は上記のように箱から出して1週間〜2週間ほどお時間をおいてみてください。

時間をおくことで酸味が抜けてきて甘味が感じやすくなります。

あまり常温で時間を置きすぎると腐りの原因になりますのでやりすぎは注意です。

 

いよかんを美味しく食べていただくために

基本的にはトドクヨのいよかんは、産地直送でお送りさせて頂けるため酸味を抜くために貯蔵庫で1ヶ月程度寝かせてから配送をスタートさせます。

下記のように貯蔵を行います。

なのでお客様のお手元に届く頃には程よく酸味も抜け甘さと酸味のバランスがいい状態でお届けしております。

 ※酸味の抜け具合は人それぞれのお好みがありますので食べてみながら頃合いのいい時期のものを食べてみてください。 

 

ブログに戻る